2018年12月11日

神との契約と聖書

かつて,RotoChristは,天理との契約の後,イスラエルを訪れ,いわゆる神の予言(契約)を示したのです.
そこでは,天理が何を目的とし,契約を結ぶ気になっていたか?について先に述べてあったのです.
古代イスラエル語なのですが,それが,後の,新宇宙の神マシンの論理言語だったというオチ.

イスラエルはそうとは知らずに,私の予言を丹念に読み解き,先回りを始めていたのです.
その一つに「一夜城(江戸城)」「推古(もう一人の神)の登場」というのがあったのです.
天理には大誤算.事あるごとに,イスラエル人に,「神は実在する」と証言されたのです.
旧約聖書と呼ばれていますな.
RotoChristの予言「この世の終わりは犬がもたらす」

推古(龍泉天皇)は,天理との契約「宇宙の成り立ち契約」より先に,アフリカを訪れたのです.
そこで,私はアフリカ語で定義を定め,イスラエル人に,「この世の終わりについて」,アフリカ語で予言したのです.
そうとは知らない天理の集団「キャップ論理」で優越感.天理をも包括するアフリカ語なのです.

何と言っても,契約より先に,存在が約束されている,アフリカ人=イスラエル人だったのですよ.
「なんで,アイツ,アフリカにいるのがイスラエル人だって知ってたんだ?」
アフリカでは,龍泉天皇はアフリカ語の使い手.予言者と言われ出したのでした.
「新約聖書」と,エジプトの創価の間では恐れられ,天理の内通者が,イスラエルからの報復を恐れ,エジプトから脱出する騒ぎとなっていたのです.
「この世の終わりは,犬がもたらすのではなく,天理が招く」

この中に,「神武とは推古の生まれ変わりではない.」「推古の城は天礼門院大阪城,唐国内閣府江戸城となる」と予言していたのです.

「リーテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール」
この世の終わりは,ラトビア.世界は全て崩壊する(本来はない直訳)
論理構成なので,予言と言うより,論理を噛まし込まし,現実となるという意味合いが強い.
さて,この本来無い直訳こそが,日本人がもたらした,真の悲劇となるのです.
(アフリカ語は,時間論理の言語なので,直訳対義語ではありません.論理順序は”時系列ではなく,発言順序”ですので,かなり高度となっております.
後から過去に付け足せないので,神の一秒でない場合,天理全体から状況を読み解き,論理発言順序を考える必要があり,高度な神の言語となっております.)
発案者はイスラエル人なのですが,神の一秒内を想定していたため,無限永久の”時の世界”で発する「神の予言」を想定していなかったようですよ.


アフリカは人類の原点である.出始めの場所であり,最後まで残る場所でもある.
新約聖書の場所ですよ.

かつての旧約聖書ではイスラエルだったのです.
現に,あなた方の天理は知らない事実があり,RotoChristが迎えた最後は天礼門院(ダーマ)ではなく,イスラエルのユダヤ地区だったのです.
なぜ,イェルサレムが聖地と呼ばれているのか?
北朝鮮国ゴールデン街の空の一坪と関係があるのです.
あなた方にとって,無い土地が,世界の土地なのです.
「世界の最後の生き残りが神」,RotoChristが失笑(自笑)しながらイスラム教の司教に言ってましたな.
それが,私の空の一坪なのですよ,イスラエル・ユダヤ地区の土地,過去の終わり.

TimeAreaの「契約線とBeforeLine」って,前にありましたな.
世界は天理との土地の奪い合いの歴史だったのです.

天理は過去二度に渡り,土地を捨て神を捨てる決断をしたのです.
ベツレヘムの神託ってありましたな.
その直後のアラブ・エルサレムの最後ですよ,(大社匠杵築府/杵築社院からのRX1000Zガンダムからの)シャインニングレインボー.
マウゼルも知ってか知らずか,神の託宣は二度と下ることがないと言ってましたな.
「新約聖書」で,神の予言は二度と生じないと述べているのです.

つまり,天理に明日と土地は無いのですよ,未来永劫.
ラトビアでの最後は既にありましたよね?それが天理の最期の地ですよ.
旧約聖書ではどこだったか?あなた方の預言では天礼門院(ダーマ)でしたな.ところが最後は旧約聖書の預言通りのイスラエル.

今回は,あなた方の預言はラトビア(アフリカ)だが,新約聖書の預言は杵築社院(アフリカ)なのです.
一部で,「神の預言は外れるのか?」と,あったのですが,神の預言が外れたのではなく,神と人類の契約に終わりが生じたのです.
だから,マウゼルは,二度と託宣は生じないと言っているのです.
マウゼル教と旧イスラエル語,託宣と神との契約って,世界因果で,切っても切り離せないのですよ.

だから,今回はアフリカ語だったのですよ.
現に,アフリカでは「杵築社院?聞いたことあるな,あの龍泉天皇とかいう奴の二千年前の預言じゃないのか?」となっているのです.
先にもありましたが,神の予言とは,天球から読み解く子供向けの「神の一秒内の時間の預言」ではありません.無限永久の広がりのある「宇宙の歴史」の大人の”時の預言”なのです.



posted by 京の天皇(Imperial) at 13:21| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

案外知らない値引き利用の際の常識

Edyや現金などの購買決断をする際は,値引きなどを考慮しない現金額を予め用意しておかなければなりません.
決して,クーポンなどを残高に組み入れて考えてはいけないのです.
支払い対象相手と,クーポンなど値引き発案者との間の齟齬や相違がある事があるからです.(同じ業者では無くなっている場合など)

金券式の場合,業者が変わっている場合,使用できないことがあります.同じ場所で店をしている場合でも使用できません.
店名と有効期限が記載されており,同じ店名・同じ場所で運営されている場合,そのクーポン券を拒否することはできません.店舗会社が詐欺罪に問われるのです.
本部運営の場合,そのクーポンは全店で利用できることが前提となっており,拒否される場合,本部が詐欺罪となるのです.
ところで,電話番号が同じじゃないか?と喰って掛かる人がいますが,大きな間違い.マルフクってご存知でしょうか?
電話加入権の貸出業者.チェーン店の場合,この電話加入権の貸出を受けているだけの場合が多く,テナント会社に責任があるとは言えない場合が大半なのです.

値引きなどを考慮しない現金額を予め用意しておかない場合,「当て込み共犯」と呼ばれる「詐欺罪」に問われることがあるのです.
よく知り合いの店員に「言ってくれたら安くするから」なんてありますな.絶対に定販売価格分の残額を保持していなければなりません.
この場合,その人物の店員に「来たで」と一声かけるのです.見当たらない場合,「店員の○○さんはいますか?」と尋ねるのです.
その際,決して「値引きの話」をしてはいけません.「条件が変わった」と言い出すからなのです.
つまり,見て見ぬふりをされ,詐欺未遂となるからです.

Edy等の場合,残高不足でも購入可能な現金を保持している方が安全なのです.

注文を意図的に違える店員の場合,残高不足で,強引に試すのは合理なのです.購買判断権が自分の方に来るのです.
足りないから下ろしに行くは,詐欺未遂は成立しているのでご注意を.
要件合理(やむを得ない事情)についての説明義務があるのです.決して忙しいからは通用しません.失念亡失(Lost金)などが合理理由です.

よくお店で,常に値引き割引をし続けないとダメな業者ってありますよね?
あれって,実は店舗サイドが詐欺罪(意図的不当高値売りつけ)に問われることがあるのです.
高値過ぎて売れない場合が多い.
この場合,本部に責任があるので,店舗は,必ず苦言「表示価格を適正に」を呈して置かないと,詐欺の共同正犯となる事があるのです.

自動車販売などの場合,ローンってありますよね?
あれって,契約地点で,預金現金の残高が,購入金額を上回っていないのに,契約話を持ちかけると,詐欺罪となるのですよ.
ローンの審査基準も同じですよ.
じゃあ,どこまでがOKなのか?というと,見込みあり(残高達成が見込まれる時期から,概ね6ヶ月以内)なら,OKなのです.業者の最大見積期間とも関係がある.
パンフレット要求の場合,合理規準があり,購入に到る可能性の合理根拠を示せる場合に限るのです.
ですので,自動車の購入のつもりはないが,パンフレットが欲しい場合,パンフレットの購入希望を正直に言う方が妥当です.
パンフレットって,目録ですからね,購入記念品とも呼べるものなのです.

私は世界一の資産家ですからね.何と言っても,龍泉京,江戸城,京都御所,唐国の土地・・全て私の財産土地ですよ.
価値創造の全てが私ですので.
また,契約中は,あなた方からの返済金(あなた方の借金)を,あなた方相手の取引なら用いれれるのですよ.

だから,私相手に破産なんて考えるのが考え違い.
皇宮護衛官に「ああ,じゃあ,いくら,見せ金があると良いのですか?」「天皇さまに聞かれても,同じ事を言われますよ」と言われ,業者が半泣きになってましたな,南山の土地取引.

知ってか知らずか,あなた方の取引対象としてる土地って,私がいないと,環境的に,住めない土地ばかりなのですよ.
今回の契約には,終了後の居住についての契約がありませんので,住めない土地の取引に終始するあなた方は愚かしいですよ.
ですので,宇宙で唯一住める場所が「杵築社院」周辺になるという事ですよ.私を天皇で神と認める人たちだけの土地.

”呼ばれてない人”を,招待してくれた人を無視して,自分の土地でも無い場所に,呼ぶ体質が問題なのですよ.
時間内杵築社院では,その事が問われるのです.

posted by 京の天皇(Imperial) at 19:52| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

発想能力とロールインペリアル

あなた方の株式(プール金式)で,中国株が話題となってましたね.
「上場基準を満たさない会社が多く残念だ.中国の上場企業は良くない会社ばかりだから,日本のカネが吸い上げられる」と嘆いてましたね.
私が江戸城に帰っている頃,相談があり,大和証券の方々と,上海に行ってきたことがあるのです.
そこで,上場基準について聞くと,「60億円以上の資産がある事」って言ってましたよ.
どうも,配当金を株価総額から支払う話が漏れ出し,取付を脅しに使う投資家が増えたらしく・・

そこで,私が「StockOption」を提案したのです.
「日本の証券会社が,投資家から集めた資金の一部を,中国企業に,貸付金の形で貸付け,返金はおいおいで,配当金を優先的に支払ってもらう」というもの.
中国系ベンチャーがこの話に飛びつき,飛躍的に業績が伸びたのですが,後日,大暴落前日の出来事(私がやって来た日の事)を,上海の悪夢(黒の日曜日)なんて言われましたな.

あなた方はその頃,なぜだか,私もいないのに,フランクフルトシティに出向いてましたよね?

posted by 京の天皇(Imperial) at 15:24| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする